BY BIOSECURITY NEWZEALAND


ディディモとはなんですか?
■ニュージーランドのどこで、どのくらいの量のディディーモが見つかってますか。

■ディディモは南島だけで留まりますか?それとも北島にまで拡散しますか?
■ディディモはいつニュージーランドに入ってきたのですか?
■ディディモが川に入り込むとどのくらいの期間で見られるようになりますか?
■ディディモはどのようにニュージーランドの川に入ってきたのですか?
■海外でのディディーモの経歴はどうですか?
■鳥やその他の動物が拡散する可能性があるとすれば、自分だけが洗浄しても意味がないのでは?ディディモを生態の一部と認めて、面倒な洗浄などをせず、河川を今までとおり使うべきではないでしょうか。
■ディディモは河川にどのような影響を与えますか?
■川で藻を見かけたら、それがディディモかどうか、どのように判断すればよいですか。
■洗浄がディディモだけのためでないとしたら、他にどのような生物が河川に被害を与えると考えられますか?
■ディディモは南島の川だけの問題ではないのですか?
■人々の監視をしますか?


Q ディディモとはなんですか?

ディディモは珪藻として知られる単細胞の水生植物の集合体で形成される淡水藻です。
微生物であるにもかかわらず、ディディーモは”Algal Blooms 藻の大発生”と呼ばれる肉眼で確認できる濃密な集合体を形成します。珪藻は細胞壁に珪土(砂の形成物質)を含んでいる面白い生き物で、ディディーモを触るとザラザラしているのはそのためです。ディディーモは葉緑素を含んでいて、その色素は太陽光線を利用して自分自身でで栄養を作ることができます。生息環境が最適になると、ディディーモ細胞は大量の織物のような液(粘液)を捻出させて水床に自身をしっかり固定します。始めの頃は盛り上がったニキビのように石に取り付きますが、次第に粘液が長くなって茎となり、厚い房状になって、他の植物や、流木、石などの表面を覆い尽くす頑固なマット状の集合体を形成します。

Q. What is Didymo?
Didymo is a member of the group of single-celled aquatic plants (freshwater algae) known as diatoms. Although it is microscopic, Didymo can form dense colonies called algal blooms which can be seen with the naked eye. Diatoms are unique in that their cell walls contain silica (a major element in sand), which is why Didymo feels gritty when touched. Didymo also contains chlorophyll, a pigment which enables it to make its own food by using energy from the sun. Under optimum growing conditions, Didymo cells ooze large amounts of a mucus-like substance (mucilage) which attaches Didymo firmly to underwater surfaces. Young colonies look like raised pimples on the surfaces of river rocks, but as the mucilage elongates to form stalks, the colonies form impenetrable mats which form thick strands and can cover all surfaces, including other plants, logs and debris.


Q ニュージーランドのどこで、どのくらいの量のディディモが見つかってますか。

今現在 南島の4つの流域でディディーモが確認されています。
南島のワイアウ流域ではワイアウ川とマラロア川の上流部と下流部の広い範囲で繁殖しています。マナポウリ湖では、沈殿物が岸辺で見つかっています。
南島のオレティ流域では、上流部での発生が広がりつつある状態です。
オタゴ・サウスランドのクルーサー流域では、少量の繁殖、ハウエア川、クルーサ川上流も繁殖が広がりつつあります。
タスマニアン地区のブーラー流域は、ブーラー川の上流域で、ロトイティ湖の下流のあたる部分の繁殖が広がりつつあります。

ディディモは微生物のため理論的に汚染は海までの下流域に広がっているはずです。
しかし、湖では分散がゆっくりになると考えられます。

Q. Where and in what amounts has Didymo been found in New Zealand?
To date, Didymo has been confirmed in four catchments in the South Island:
the Waiau catchment in Southland with extensive blooms in the upper and lower Waiau and Mararoa Rivers, and with microscopic deposits along the shore of Lake Manapouri
the Oreti catchment in Southland with expanding blooms in the upper reaches of the Oreti
the Clutha catchment in Otago/Southland with minimal presence in the Von, and expanding blooms in the Hawea and Upper Clutha
the Buller catchment in the Tasman District with expanding blooms in the upper reaches of the Buller below Lake Rotoiti.
Because Didymo is microscopic, logically we assume that Didymo affects the length of the river downstream to the sea, although lake basins may slow the path of dispersal.


Q ディディモは南島だけで留まりますか?それとも北島にまで拡散しますか?

NIWA(National Institute of Water and Atmospheric Research) の発表した、ディディーモが好む環境モデルによれば、ディディモの発生に適した環境の川の73%は南島にあるとみられます。今のところ北島での発生は確認されていませんが、ディディーモが拡散すると、特に火山地区の河川に影響が出るかもしれません。詳しくは、ホームページの適正環境マップをご覧下さい(南島)、(北島)。ディディモの発生する環境は、冷たい水温から暖かい水温、培養と水質の安定性、強い光量、適度な速さの流れ、中性もしくは弱アルカリ性の水質です。

Q. Will Didymo remain in the South Island or will it move to the North Island?

A Didymo likely environments model by NIWA(National Institute of Water and Atmospheric Research) shows that 73% of the most suitable New Zealand rivers for the establishment of Didymo are in the South Island. There is no evidence yet of any spread to the North Island, but rivers especially on the volcanic plateau could be affected. For more information view the likely environment maps on our website. Environments suitable for the establishment of Didymo include cool to warm water temperature range, substrate and hydrological stability, high light availability, moderate flow velocity, and pH neutral or slightly alkaline (see Likely Environments report on the website for more information).


Q ディディモはいつニュージーランドに入ってきたのですか?

ディディーモがいつニュージーランドに入ってきたのかは確かではありません。2004年10月のWaiau下流部とMararoaの調査時に繁殖が確認されました。しかし、信頼できる過去の情報では2001年にはMARAORA川で見つかっていたということです。Hawea川やClutha川のディディーモの発生の確認は、前の年の報告に継ぐものでした。

川に入ってきてから、目に付くようになるまでの間、どのくらいの期間があるのか判っていません。
今現在、繊細な調査方法を開発中です。

Q. How long has Didymo been present in New Zealand?
Scientists are not certain when Didymo first arrived in New Zealand. The first visible blooms were identified in the lower Waiau and Mararoa catchment in October 2004. However, credible retrospective reports indicate Didymo was visible in the Mararoa River as early as 2001.
Recent identifications in the Hawea and Clutha Rivers have also been followed by retrospective reports of Didymo’s presence in the immediate preceding years. We do not know the length of time between the founding introduction into a river and the point at which the population becomes visually apparent. Research into developing more sensitive detection methods is underway


Q ディディモが川に入り込むとどのくらいの期間で見られるようになりますか?

いくつかの環境条件によってディディーモが河川に入ってから発生するまでの期間が変わりますが、まだ詳しくは解明されていません。Waiau川下流部とMararoa川は、2004年10月にNIWAによって発生が確認されましたが、Mararoa川のディディモは、2001年にすでに見つけられていたというリポートもあります。Buller川やClutha川のディディーモは、1年以上も前から入り込んでいた可能性もありますが、最近の大発生によって簡単に見つけられるようになりました。最近、急速に発見されていますが、それが急速な拡散を意味するものではありません。

Q. How long does it take after contamination for Didymo to be visible in a River?
A number of environmental factors influence whether and how long it will take for Didymo to bloom after introduction to a waterway, but the process is not well understood. Although Didymo was identified by NIWA in October 2004 in the Mararoa and lower Waiau rivers, credible retrospective reports indicate Didymo was visible in the Mararoa River as early as 2001. It is quite likely that Didymo has been in the upper Buller River and the Clutha River systems for more than a year, but has only been easily noticeable during the current bloom season. Recent finds represent rapid detection, but do not necessarily indicate rapid spread.



Q ディディモはどのようにニュージーランドの川に入ってきたのですか?

ディディーモがどのように河川に入ってきたかを知ることはまず不可能でしょう。
最も考えられるのは、海外からのリクレーションや工業用の道具などに付着したディディモを、知らずにもちこんでしまったのでしょう。

Q. How did Didymo get into New Zealand river systems?
We will most likely never be able to determine exactly how Didymo first entered the river system. The most plausible method of introduction was the unintentional transport of microscopic Didymo on recreational or industrial equipment from affected areas overseas.


Q 海外でのディディモの経歴はどうですか?

世界的にディディーモの生物学、生態学、影響度、監視制度、コントロール方法については、ごく少数のインフォーメーションしかありませんでした。
ディディモがニュージーランドで最初に発見された時、入手できた情報は科学的調査の裏付けが欠落したものばかりで、繁殖に対応するために出された決定はほとんど役に立たないものになってしまいました。
ここ最近のニュージーランドの調査活動は、バイオセキュリティ・ニュージーランドにより、この物体(ディディモ)に対する世界的権威となってるほどです。

Q. What has been the overseas experience with Didymo?
Internationally there is very little information on Didymo -its biology, ecology, impacts, surveillance or control techniques. When Didymo was first found in New Zealand, the available information upon which to base incursion response decisions was primarily anecdotal due to the absence of validated scientific studies. The recent work in New Zealand led by Biosecurity New Zealand has made us the world authority on this organism.


 Q 鳥やその他の動物が拡散する可能性があるとすれば、自分だけが洗浄しても意味がないのでは?ディディモを生態の一部と認めて、面倒な洗浄などをせず、河川を今までとおり使うべきではないでしょうか。

生物学者は、人間が最もディディーモを広げる可能性があるとしています。ディディモの大発生は、河川でのアクティビティーに障害を与えているため、人々がディディーモを拡散しないよう勤めることが必要です。

Q. What difference will I really make by cleaning - birds and other things will spread it anyway. Really, we should just accept that Didymo is a fact of life, forget cleaning and just get on with using the rivers?

Scientists believe that humans are the biggest risk of spreading Didymo. Didymo has quite an impact on a number of river activities in its bloom form so we need everyone to do as much as they can to minimise the spread.


Q ディディモは河川にどのような影響を与えますか?

海外でディディーモの大発生が確認された地域から、少しですが調査結果が報告されています。一応の、確信はないリポ−トですが、水生昆虫などの生息圏を奪うなどディディモは侵略的な種として繁殖します。
同じような影響が考えられますが、環境や在来動植物が異なる、ここ、ニュージーランドでその影響度は違うかもしれません。バイオセキュリティ・ニュージランドはニュージーランドの水生環境に対する影響を解明するため正式調査機関に任命され調査中です。

ディディモの繁殖により、下記の悪影響が考えられます。

美観 (景観を損ね大量のディディモが一度に枯れると腐敗し、悪臭の原因になります)
生物 (ディディーモの侵略により生息圏を追いやられる生物を失うことになります)
リクレーション (水泳に適さず、滑りやすくなり危険です)
水道 (水の摂取口をふさぐ可能性があります)
釣り (魚の減少、針や網にディディーモが絡みます、ウエーディングが危険です)
ボート (エンジンの冷却水の摂取口につまります)
飲料水 (浮遊物が増え、酸素量が減り、PHが変わり、味やにおいがするようになります)

Q. What effects will Didymo have on waterways?
There have been limited scientific studies on the effects of Didymo overseas in areas where algal blooms have been reported. However, anecdotal reports from overseas indicate negative effects on fish and invertebrate habitat, and that Didymo behaves as an invasive species. Similar effects are probable here, although the magnitude may be different due to our unique environment and native flora and fauna. Biosecurity New Zealand has commissioned research to better understand the potential impacts on aquatic ecosystems in New Zealand.

Didymo blooms could have potential negative effects on:

aesthetics (by degrading scenery and causing odour problems should massive amounts of Didymo biomass suddenly die off)
biodiversity (loss of sensitive species through habitat alteration)
recreation (impairment of swimming, dangerous and slippery for wading)
water supplies (clogging intakes for industrial, municipal and rural use)
angling (reduction in fish populations, fouling of lures and nets, dangerous for wading)
boating (clogging water intakes, impairment of movement of self-propelled craft)
water quality (increased suspended organic matter and reduced dissolve oxygen, pH fluctuations, taste and odour in water).


Q 川で藻を見かけたら、それがディディモかどうか、どのように判断すればよいですか。

ディディーモは他の藻とは以下で区別ができます。
・色 ディディーモはベイジュ、茶色、白色です。緑ではありません。
・感触 見た目はヌルヌルしていますが感触はそうではなく、スポンジのようで真綿のようにザラザラしています。
・匂い 生きているディディモは特別な匂いはありません。
・強さ ディディーモは石にしっかり固定されていて、指の間で擦ってもばらばらになりません。

Q. If I see something in the river, how do I know if it is Didymo or not?

Didymo can be distinguished from other species of algae on the basis of:
Colour - Didymo is beige/brown/white but not green.
Touch - Although it looks slimy, it doesn't feel slimy, but rather spongy and scratchy like cotton wool.
Odour - Live Didymo has no distinctive odour.
Strength - Didymo is very securely attached to river stones and does not fall apart when rubbed between your fingers.
Definitive identification requires microscopic analysis.




Q 洗浄がディディモだけのためでないとしたら、他にどのような生物が河川に被害を与えると考えられますか?

水藻の種類であるHydrilla と Lagarosiphon. です。

Q. If cleaning is not just about Didymo, what other pests are likely to impact white-water environments?
Aquatic weeds like Hydrilla and Lagarosiphon.


Q ディディモは南島の川だけの問題ではないのですか?

いいえ、全ての水域を守ることが目的です。今現在北島にディディーモの繁殖は確認されていませんが、CHECK、CLEAN、DRYを行い、川が汚染されないように勤めることが必要です。

Q. Isn’t this Didymo thing just about South Island Rivers?

No it’s about protecting all of our waterways. To date we have no evidence of it being in the North Island but people still need to check, clean, dry to ensure rivers do not become affected.


Q 人々の監視をしますか?

可能性ののある道具を持っている人や、必要のある場所にいる人にはバイオセキュリティー・ニュージーランドの公認方法で洗浄することを指導します。従わない場合、重い罰則がかけられます。
刑法1993知っていながら故意にディディモを拡散した者は、$100、000罰金そして/もしくは5年以下の懲役。

Q. Are you going to police it.?

We will target people with risk goods and where appropriate we will be issuing them with directions to clean using Biosecurity New Zealand approved methods. There are severe penalties for people who don’t comply. Under the Biosecurity Act 1993 the penalty for knowingly spreading Didymo is up to $100,000 and /or 5 years in prison.



                                 king

Frequently asked questions about Didymosphenia geminata

ニュージーランドのディディモ事情の深刻さに日本の河川の将来を思い、ここカナダから発信しています。
ご協力して頂いているみなさまに、この場を借りて感謝申し上げたいと思います。

このページはリンクフリーです。
ディディーモの存在、脅威を一刻も早く多くの人に知っていただくため転載を許可いたします。

©copyright 2002-2004 AG-Fish Enterprises All rights reserved.





FastCounter by bCentral